検索へ戻る

変革期の基層社会

【総力戦と中国・日本】

日中戦争・国共内戦・東西冷戦は中国をどう変えていったか。
農民・農村を中心とする「普通の民衆」(基層社会)に焦点をあてる。
近現代の戦争=総力戦においては、庶民は総動員され、否応なく国民意識を注入されていった。
その中国的特色とはなにか。
東アジア、特に日本と比較して考察する。

 

奥村 哲編

A5上製・302ページ
本体3000円+税

フッタ

創 土 社

165-0031 東京都中野区上鷺宮5-18-3
03-3970-2669(代表)
info@soudosha.jp