'ユング・カルト−カリスマ的運動の起源','keywords' => 'ユング,リチャード・ノル,心理学','description' => '臨床心理学者リチャード・ノルによる集合的無意識、元型などのユングの体系は、科学というより“ユング教”というべきカルトだ、と論証');require_once('../../../common/header.html');?>

検索へ戻る

ユング・カルト−カリスマ的運動の起源(新装版)

【ユング批判の新たな地平をひらく】

原著は1994年、米プリンストン大学出版局から刊行。
同年、全米出版協会は本書をこの年の心理学部門のベストブックに選定した。著者は集合的無意識、元型などのユングの体系は、科学というより“ユング教”というべきカルトだ、と論証する。
このユング批判に対して当然大論争が始まり、その論争は本書の刊行後10年以上経った今も続いている。

リチヤード・ノル著 月森左知/高田有現 訳

A5版上製 528ページ
本体6600円+税

フッタ