検索へ戻る

イギリスの歴史

1707年の「合同」により、大ブリテン連合王国が誕生、独立王国のイングランドおよびスコットランドの分立時代に終止符が打たれた。

以後、イギリス社会が寡頭政治から、民主政治へと移行し、1970年代にイギリスがヨーロッパ経済共同体(EEC)に加盟するまでの歴史を取り扱う。

W・A・スペック 著
月森 左知+水戸 尚子 訳

四六上製 ・304ページ
本体2500円+税

フッタ