検索へ戻る

 大連“引揚げ”を見届けた男 高橋庄五郎の日中友好50余年

“高庄”の破天荒な半生を描く

日本敗戦の1945年。大連には約23万人の日本人が居留していた。その全員を帰国させるという難事業を成功させた男こそ高橋庄五郎であった。

森戸 陸子 著

四六上製・220ページ
本体1800円+税
品切れ

フッタ