★ 6月27日発売予定


価格:1000円+税

サイズ:ノベルズ

頁数:240頁

ISBN:978-4798830162

《内容紹介》
外宇宙から襲来した魔性の存在に気づいたのは、ナチス・ドイツだった。
海軍大将カナーリスは、1908年、シベリアに落下した隕石こそこれらの船であり、
今は東シナ海の底に潜伏していると日本に告げる。
海中でしか生きられぬ彼らは、地上を侵略すべく、新たな〈仲間〉の到来を待ちわびているのだ。
その日は1945年4月7日。
空中で彼らを撃破できるのは、戦艦〈大和〉の46センチ砲しかない。
だが、日本は太平洋戦争への道を歩み、魔物たちの暗躍も始まる。
真珠湾、ミッドウェー、レイテ沖海戦、ガダルカナルの悲劇――
彼らの存在に気づいた山本五十六大将も古賀大将も死んだ。
そして、運命の日、〈大和〉は沖縄特攻に出動する。
天(あま)より降(くだ)る魔を迎え撃つ巨砲。
海底の魔物を斃すべく〈大和〉には驚くべき仕掛けが施されていた。

⇒ プロローグ冒頭見開き(pdfファイル)を公開中!

只今、絶賛ご予約受付中!
★ポストカード(無料)のご注文も可能です。
★ご注文はこちらの画像を印刷して書店へお持ちください。 ⇒『戦艦大和 海魔砲撃』ご注文用紙
★書店からのお電話でのご注文も受け付けています。
<「戦艦大和 海魔砲撃」感想募集中!>     
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。     
感想を投稿する!