カバーイラスト:煙楽

価格:1500円+税

サイズ:18.7 x 13 x 1.6 cm

頁数:272頁

ISBN:978-47988-3027-8

特別特典つき(挟み込み)

《内容紹介》
呪われた血脈をもつ形上太郎は、一にして全なる教え「一全教」を開き、非業の死を遂げた。
その弟・四郎は芸術家となり、その作品に目にした人々は、心酔するか、非業の死をとげるか、どちらかの道をたどる。
四郎の息子の影は、父と同じく芸術家となり、異形の姿となり果てた父と対峙する。
影を支える幼馴染の兄妹、安倍晴明の末裔たる陰陽師を擁する警察庁の霊的国防セクションとともに、影は、父・四郎に決死の戦いを挑む。

《著者紹介・倉阪鬼一郎》
1960年生まれ。1987年短篇集『地底の鰐、天上の蛇』(幻想文学会出版局)でデビュー。ホラー、幻想、ミステリ、時代物などの小説を得意とし、俳人、翻訳家としても幅広く活躍している。『定本ラヴクラフト全集7―U 詩篇』(国書刊行会)では、ラヴクラフト作品の翻訳も手がけている。2014年には「回転する阿蝸白の呼び声」(『クトゥルーを喚ぶ声』収録)、「闇の美術館」(『闇のトラペゾヘドロン』収録」を寄稿。(いずれも創土社The Cthulhu Mythos Files)

「大いなる闇の喚び声」感想募集中   
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。
感想を投稿する

サイン本販売書店(販売は6月9日以降の予定です。事前に書店にご確認をおねがいいたします)

喜久屋書店仙台店

書泉ブックマート

書泉ブックタワー 

書泉グランデ

書泉グランデ

ロール&ロール秋葉原店

八重洲ブックセンター

文教堂談浜松町店

ジュンク堂書店池袋店

芳林堂書店所沢駅ビル店

博文堂書店田無店

ときわ書房

くまざわ書店日野店

芳林堂書店関内店

有隣堂横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店

 わんだーらんどなんば店

ジュンク堂書店大阪本店

本のがんこ堂アクア店

ジュンク堂書店三宮店

客注のみ入荷予定の書店はリストに記載しておりません。