崑央(クン・ヤン)の女王

価格:1000円+税

サイズ:17.2 x 11 x 2 cm

頁数:320頁

ISBN:978-4798830049

あらすじ
分子生物学者・森下杏里は、地上60階を誇るハイテクビル、通称リヴァイアサンの塔へ出向を命じられた。
紀元前1400年古代中国は殷王朝の遺跡から出土した、完璧なミイラの研究のためであった。
そこで杏里は研究には似つかわしくない厳重な警備の中、不気味な実験を強要される。
そして、研究が進むにつれ次々と発生する不思議な現象。杏里はついに実験の真の目的を知るが…。

解説
地上六〇階のハイテクビルで分子生物学者森下杏里は、古代中国殷王朝の遺跡から出土した、完璧なミイラの不気味な実験を強要される。次々と発生する不思議な現象。実験の真の目的とは!?

著者紹介:朝松健
1956年生まれ。ペンネームの由来は作家アーサー・マッケンから。
西洋魔術や密教立川流に造詣が深く、また日本で最も多くのクトゥルー小説を創作し、逆宇宙シリーズなど多数の名作を生み出している。
最近は「ちゃらぽこ」シリーズなど妖怪伝記物が大人気を博している。

「崑央(クン・ヤン)の女王」ファンビデオ
「崑央(クン・ヤン)の女王」復刻記念イベント!E
2013年3?E日、本書の復刻を記念して新宿ロフトプラスワンにて、「我が青春のクトゥルー」イベントを開催します。ゲストには朝松健先生および菊地秀行先生、司会はくしまちみなと先生と豪華メンバーです。
イベントの詳細はこちらをご覧ください。 
⇒ 「我が青春のクトゥルー」イベント詳細

「崑央(クン・ヤン)の女王」感想募集中   
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。     
感想を投稿する     
<ポストカードのご依頼のあった書店様一覧>      
・3冊以上のご依頼のあった書店様です      
<東京都>       
<神奈川県>    
<埼玉県>    
<千葉県>    
<大阪府・兵庫県・京都府>    
<愛知県>    
<その他>