カバーイラスト:高荷義之

価格:1000円+税

サイズ:ノベルズ

頁数:256頁

ISBN:978-4-7988-3033-9

《内容紹介》
昭和17年5月、日本は第2次大戦の真っただ中にいた。
東条英機直属の秘密部隊の指揮官である本宮少佐は、太古に存在したという未知の力を求め、ガダルカナル島の奥地を探索していた。
鬱蒼とした密林の中に突如、石板が敷かれた道が現れる。
その先に待っていたのは巨大な地下空間と地底湖に浮かぶ城塞であった。
それは伝説のトゥチョ=トゥチョ人が造ったというアラオザルに酷似していた。
一方、陰唆大佐率いるもう一つの、東条英機直属機関は、ビルマのインパールで隠密作戦を展開していた。
次々と失踪する日本へと連合軍捕虜たち。そして暗躍する巨人。
邪神復活に向け、今、邪悪なる列車砲が咆哮する!
《著者紹介・林 譲治》
1962 年生まれ。1995 年『大日本帝国欧州電撃作戦』(共著)でデビュー。日本海軍に詳しく「架空戦記」を主に執筆する他、ハードSF 作品も数多く発表している。人気シリーズ『焦熱の波涛』(四、八巻)や『ウロボロスの波動』にクトゥルー神話のキーワードが登場する。また『暗黒太陽の目覚め・下』の後書きは「インスマスの影」の翻案になっている。クトゥルー・ミュトス・ファイルズ「魔地読み」(『超時間の闇』収録)
「呪走! 邪神列車砲」感想募集中   
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。
感想を投稿する

サイン本販売書店(販売は4月25日以降の予定です。事前に書店にご確認をおねがいいたします)

喜久屋書店仙台店

丸善お茶の水店

書泉ブックタワー 

書泉グランデ

芳林堂書店関内店

堀江良文堂書店松戸店

八重洲ブックセンター

ジュンク堂書店広島駅前店

ジュンク堂書店池袋店

丸善&ジュンク堂書店新静岡店

喜久屋書店仙台店

ときわ書房本店

ブックファースト京都店

丸善名古屋本店

有隣堂横浜駅西口ザ・ダイヤモンド店

わんだーらんどなんば店

ジュンク堂書店大阪本店

白石書店駅前店

ジュンク堂書店三宮店

星野書店近鉄パッセ店

ジュンク堂郡山店

紀伊國屋書店本店

戸田書店三川店

客注のみ入荷予定の書店はリストに記載しておりません。