ホームズ鬼譚〜異次元の色彩


カバーイラスト:小島文美

価格:1700円+税

サイズ:18.7 x 13 x 1.9 cm

頁数:400頁

ISBN:978-4798830087

《宇宙からの色の研究・山田正紀》
「異常な状況下における“拘禁性神経障害とその呪い”」という専門分野のために、私は法廷に召喚された。その法廷の被告人は、ある男性を「ライヘンバッハの滝」の突き落した容疑で告発されていた。男性の名は「シャーロックホームズ」、被告人の名は――「コナン・ドイル」だった。

《バスカビル家の怪魔・北原尚彦》
17世紀半ば、ダートムアの地に隕石が墜ちる。夜の荒れ地はぼうっと燐光を放ち、果樹園では異常なほど大きな果実が実る。荒れ地の草を食べた羊は凶暴化したという。この地を治めるバスカヴィル家の領主ヒューゴー・バスカヴィルは魔犬に頭を食いちぎられ、以降一族に不吉な死が続く…

《バーナム2世事件・フーゴ・ハル著》   
2011年の春、アメリカのマサチューセッツ州アーカムにあるミスカトニック大学で、J・H・ワトスン博士の未発表の手記が発見された。手記の内容は19世紀末のロンドンで起きた怪奇な殺人事件をめぐるものだった。迷宮状に枝分かれしている文章を少しずつ読み進め、あたかもワトスン博士と共に捜査するようにして、事件の謎を解き明かす、新感覚ゲームブック。

■お詫び■以下のページに誤植がありました。
P272下段 誤:「執事のバレット(5)」
⇒正:「執事のバレット(40)」
お詫び申し上げます。

解説
1つのクトゥルー作品をテーマに3人の作家が小説、ゲームブック、漫画などの様々な形で競作するオマージュ・アンソロジー・シリーズ。第3弾は『異次元の色彩』に捧げる。
巻末には原作の冒頭(荒俣宏訳)を掲載。
ホームズ鬼譚〜異次元の色彩ファンビデオ
   
「ホームズ鬼譚〜異次元の色彩」感想募集中   
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。
感想を投稿する
ポストカードのご依頼のあった書店様一覧   
5枚以上ご依頼のあった書店様です     
東京都       
神奈川県    
埼玉県    
千葉県    
大阪府・兵庫県・京都府    
愛知県    
その他