カバーイラスト:楢喜八

価格:2500円+税

サイズ:19.7 x 13.5 x 2.2 cm

頁数:266頁

ISBN:978-47988-3042-1

《内容紹介》
ある日、作家である私は、見知らぬ映画監督から「映画の小説化」を依頼される。喫茶店で渡された企画書には「大怪獣記」というタイトルが大きく書かれていた。物語の舞台はこの町と周辺、そして、実際の撮影もここで行うということで、協力を仰ぐ商店街の名前や町内会なども記されていた。私の代表作は亀シリーズで、「亀伝」「電気亀伝」「天六亀」。その他には「メダカマン」「ヒメダカマン」「タニシ氏の生活」「ジャンボタニシ氏の日常」などがある。その映画監督は、そんな私の著作を「あなたの作品にはね、怪獣に対する愛がある。いや、もちろん怪獣そのものは出てこない。でもね、それはあれなんだな、愛なんだ。愛するが故に出せない」と褒めてくれた。当初映画のノベライズかと思っていたが、そうではなく「映画の小説化」だという。途中までできているシナリオをを受取るために連れられて行った豆腐屋で、私は恐ろしい体験をする……。

《著者紹介・北野勇作》
1962年生まれ。1992年に『昔、火星のあった場所』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。同年、落語台本「天動説」で第1回桂雀三郎新作落語〈やぐら杯〉最優秀賞受賞。2001年、『かめくん』で日本SF大賞を受賞。人間以外のものを主人公にした作風で知られており、長編だけでなく短編、ショートショートも多数発表している。ラジオドラマや映画の原作、脚本、創作落語など活躍するジャンルは多岐にわたる。

《イラスト・楢喜八》
1962年生まれ。1992年に『昔、火星のあった場所』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。同年、落語台本「天動説」で第1回桂雀三郎新作落語〈やぐら杯〉最優秀賞受賞。2001年、『かめくん』で日本SF大賞を受賞。人間以外のものを主人公にした作風で知られており、長編だけでなく短編、ショートショートも多数発表している。ラジオドラマや映画の原作、脚本、創作落語など活躍するジャンルは多岐にわたる。
「大怪獣記」感想募集中   
お読みになりました方、ぜひこちらに感想をおよせください。
感想を投稿する